2022/5/14-15 小川山(登攀訓練・マルチピッチ)

会山行の登攀訓練で、小川山に行ってきました。

メンバーは、F田さん、F屋さん、Nさん、Tさん、Iさん、O田さん、Aさん、Kさん(2日目のみ)、私Oです。

会山行の小川山は、これまで雨天中止のジンクスがあるということで、今回も前日までの天気予報に悩まされましたが、リーダーF田さんの英断で決行することに。

結果とっても空いていて、いつもは満員の場所にベースキャンプを設えることができました。(前夜発で場所を確保してくださったF田さん、Tさんありがとうございます。)

今回行った場所は以下の通りです。

1日目はフェニックスの大岩で登攀訓練を行いました。思ったよりも岩の渇きが早く、9:00訓練スタート。

・懸垂下降と、登り返し

・カム設置と落下テスト

・A0登りやアルヌン登り

・途中撤退の捨てビナ方法

・懸垂下降時の掛け替え

・ロープ長1/3までの捨て縄回収懸垂

・お助け棒を使ったプリクリ方法

などなど、実際に山でバリエーションルートに行くときやトラブルがあった時のために知っておかなければいけないことをみんなで練習しました。

何度もやらないととっさの時に使えないので、今後も折を見ておさらいをしていきたいと思います。

15:30頃に片づけをはじめ、F屋さん、Tさんが食担でご飯を準備してくださるとのこと。

お言葉に甘えてお二人以外のメンバーで、「日本一有名なクラック」と言われる小川山レイバックに行きました。

さすがF田さんは難なくオンサイト。Nさんは念願のRPです!

その後Iさん、Aさんもトップロープでチャレンジし、クラックの楽しさと難しさを堪能しました。O田さんが超スピード登りで支点回収してくれました、すごい★

キャンプサイトに戻ると、F屋さんとTさんの、めちゃくちゃおいしいご飯が待っていました!クライミングが終わってすぐにご飯が食べれるなんて、ありがたすぎます。シチューにパエリア、ひつまぶしに鶏皮餃子。焚火とともに、お腹も心も温まりました。F屋さん、Tさん、本当にありがとうございました。

おいしいご飯と一緒にお酒も会話も進み、みんなでマシュマロを焼いたり楽しい夜でした♪

2日目は、またまたF屋さん、Tさんのモーニング(具だくさんスープとホットサンド♪)をいただき、2チームに分かれてマルチピッチに向かいました。

大貧民ルート:F田さん & Iさん、Tさん & O田さん

ガマルート:Nさん & Kさん、Aさん & O

大貧民ルートは、クラック5.6 → スラブ(ノープロ)5.6 → 歩き → 洞窟状チムニー5.6 と、いろんな要素があります。スラブのノープロは20mで高度感もありスリル倍増。

F田さんリーダーの元、2チーム登り切りました。

大貧民ルート

ガマルートは、クラック&スラブ 5.8 → 緩傾斜&スラブの凹角 5.5&5.7 → ルンぜ → スラブ&クラック 5.8 → リッジ歩き → 緩傾斜5.4 (→クラック5.7)です。最初、左のハート&ソウル 10a側に入ってしまい大苦戦。ただ正規ルートも滑りやすく、1P目が核心に感じました。

お試し参加いただいたAさんは、今回の山行をもって入会を決めていただいたそうです!これから色んな所にご一緒したいです。

リーダーF田さんはじめ、食担や運転のみなさま、一緒に楽しく登っていただいたみなさま、どうもありがとうございました。