2021/4/24-25 前穂高岳ダイレクトルンゼ

ダイレクトルンゼ
なんだかダイレクトって言葉に惹かれます
日本語で言うなら直登?
そんな名前をもつルート
前穂ダイレクトルンゼ
ひさしぶりの雪の3000越え
FさんとTの二人で行ってきました

1日目
春の陽気の上高地から岳沢小屋のテン場へ
3時間ほど 小屋に近づくと徐々に雪渓あるき
小屋番さんたちが小屋開きの準備を進めるなか
テントを設営するとその背後に明日登るルートの入り口が見えます
早々にシュラフに入りテントで眠る気持ちよさに包まれました
S__5423127

2日目
6時スタートで頂上へ
左へ大きく曲がったあとの左側 北に真っ直ぐ伸びるルンゼは今年は雪が少ないらしくルンゼの入口では若干の流水

そこから先はなかなか傾斜
先輩いわく「まあこんなもんでしょう笑」
いつか自分もサラリとこんな事を言えるように
なりたいです
すいすいと登る先輩と心臓バクバクの自分
まだまだ鍛えなくては。。。
S__5423125

山頂からは目の前に前穂北尾根
涸沢を挟んで北穂東稜のゴジラの背中
はるか眼下の涸沢のテント場
もっと向こうに五竜や水晶の姿も
行きたいルートがある幸せ
S__5423131

山頂からの景色を堪能したら
気を引き締め直して来たコースの下り
途中雷鳥さんが二羽発見
こんな所に住む野生動物って凄いとつくづく感心します
S__5423132

テントを撤収して人の姿のない雪渓を気持ちよく下山できました
S__5423128

ツッシー