DSCF3828_xlarge

2018年11月18日 丹沢 大山川 沢登り

沢だけど沢じゃない大山川に行ってきました!
メンバーは私Fとせんさん夫妻の3名です。

紅葉の時期で混雑が予想されるため、駐車場確保のために早出です。
7時に大山の市営駐車場に到着。

まだ開店前のお店が立ち並ぶ参道を経て、女坂経由で大山神社下社に到着。そこから少し歩いて入渓点の二重橋に到着。
先行2名のパーティーがすでに登攀準備中でした。

滝の左側の階段状を登ります。
0003_xlarge

早朝だったため、二重橋のギャラリーはほぼなし。「ガンバ」とか言われると余計登れなくなるタイプなので助かった。。DSC_0105
0002_xlarge

F1の支点から下方を撮影。
0005_xlarge

ちなみに、登山靴にするか、沢靴にするか、はたまた滝の部分だけフラットソールにするか悩んだ末にスニーカーになりました。ヌメったところでは戦闘能力ゼロ。結論を言えば、雨の翌日など濡れている状況でなければ、このルートはアプローチシューズかゴム底の沢靴が適していると思われます。
0020_xlarge

二重滝を越えると、喧騒から離れた静かな遡行。紅葉はイマイチ(塩害のせい?)ですが、寒くも暑くもなくちょうどいい陽気でした♪

0011_xlarge

 

ちょいハング。残置スリングに頼れば問題なし◎
0008_xlarge

一般登山道とは別世界の静かな歩きが続く。

0016_xlarge

ちなみに、今回もやっぱこれ♡

0004_xlarge

核心部のトイ状の滝。下の写真は先行パーティーの様子。0018_xlarge
結構ハードな登りでした。しかし、しっかり残置スリングもあるので、それを使えばスニーカーでも行けました!下部のみヌメっていたのでフリクションゼロでしたが。DSC_0108

このあとハングの滝を越えます。右側のルンゼにアスレチックのようなロープが垂れ下がっていましたが、左側のハングから登りました。ガバがしっかりありました。ただ、崩れやすそうなので、体重掛ける前にちゃんと確かめた方が良いです。DSC_0115

その後はアザミのぶっ刺さる最後の詰めを経て、一般登山道に合流。50mくらい一般登山道を歩いて頂上到着!

頂上ではボッカトレ組4人が先に到着しており、美味しいキノコ汁と甘酒を作って待っててくれました♪

DSCF3822_xlargeDSC_0457_xlargeDSC_0463_DIAGONAL_xlarge

帰りはみんなで一般登山道からのんびり下山。

0022_xlarge

入渓点の二重橋まで下りて来たので記念撮影♪DSCF3828_xlarge

横浜からのアプローチの良さ、ちょうどいいサイズ感、それ相当の岩登りを楽しめるということで、利用価値の高いコースだと思いました。ちょいちょい来ようと思います!

<コースタイム>

大山ケーブル駅駐車場 7:00 → 二重橋から入渓8:00 → 大山山頂11:50