Exif_JPEG_PICTURE

6/24 三つ峠 マルチピッチ

メンバー6名(私F、センさん、NABさん、シンさん、KAZさん、Mさん)で三つ峠のマルチピッチに行って来ました!私にとっては2回目の三つ峠岩登りでした。

梅雨の合間を縫って、何とか雨に降られずに楽しめました♪

 

Mさんにとってはマルチピッチのデビュー戦になりました。まずはセンさんの指導の下、トップロープで登りこみます!

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

Mさんトレーニングのためトップロープを張るセンさん

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

ベテランのKZさん(手前)。今回使用していたという「プルージックコード」なるものは、フリクションノットを使う場面でとても使いやすいとのことでした。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

NABさんと私(手前)の組は「岳ルート」を登ります。岳ルートのカンテ部分をリードで登るNABさん!
高度感があって、セカンドでも怖かったです。
変化に富んでいて楽しいルートでした!

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

続いて、「観音ルート」を登ります!ややかぶり気味の場所もあり、やりがいありました〇

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

次は「草溝ルート」!NABさんのリード!

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

草溝ルート下降中の私にトラブル発生!

私は懸垂下降中はフリクションヒッチでバックアップを取りますが、これが途中で完全ロックしてしまいました。

原因は3つ、①「クライムハイスト」で強すぎるフリクションのバックアップを取っていたこと、②下降をエイト管で行っていたので、エイト管とバックアップの間のロープが捻じれて、ダブルロープの2本の径が2本が平行に並んでいる時よりも太くなっている状態になった、③足元のある場所から、空中懸垂に移行した時にロックしたので、全体重がフリクションヒッチに掛かってしまったと思われる。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

 

懸垂下降中のバックアップについては、この後、会でいろいろな意見が出ました。

フィールドで発生するトラブルは皆で共有することで、お互いが持っている知識も共有できるのですね!

空中ぶら下がり状態のおっさんがロープと格闘しながらくるくる回っているという失態でしたが、結果的にはよい議論のきっかけになったので良かったです〇