OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明神岳東稜敗退

明神岳東稜へ行ってきました。

沢渡を5時に出発し、6時20分頃明神館へ到着。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
雲一つない青空。雪も少ない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上宮川谷にはそれなりに雪はついていたが、アイゼンを履くこともなくひょうたん池に着いた。

ひょうたん池から第一階段を目指す。去年の7月にヤブをかき分け登った道がすべて雪に埋もれて歩きやすかった。
第一階段は草付きが階段のようになっていて登り易かったが、それなりにたっていた為ロープをだした。1P目40m仙リード、2P目50m宇リード。
第一階段を越した後、雪稜を越えハイマツをかき分け小ピークに立つ。右手に前穂が見えるはずっだったが、ガスに隠れて見えなかった。
小ピークから降りてすぐのところがラクダのコル。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ラクダのコルの目の前はバットレス。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
取付きを軽く下見し、幕営の準備をする。雪が降り始めてきた。
テントの中に入り、お湯を沸かしてコーヒーを飲む。風が強くなりはじめ、テントに当たる雪の音が大きくなる。

3時半起床。一晩中強風が吹き荒れ、ろくに寝れなかった。テントの外をのぞくと真っ白で、目の前の岩場すら見えない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
視界の悪さと強風の為、撤退することにした。
昨日登ってきたルートを下る。雪がだいぶ積もっており、昨日とは景色が全く違う。視界は10m程度。第一階段の上部と思われるあたりでルートを見失う。ルートを確かめるために懸垂をした場所は見事に外れ、一枚岩のスラブの上に降りてしまい慌てて登り返す。
同日に同じルートを辿っていた別パーティと合流し、ルートを確認しながらなんとか正しいルートを降りることができた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第一階段を無事にやり過ごし、ひょうたん池目指して下る。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ひょうたん池まで降りてようやく一息ついた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ひょうたん池から明神岳を振り返る。明神岳はあいかわらずガスの中だった。

4月30日(土)晴れのち雪
5:20上高地→6:20明神館→9:40ひょうたん池→13:10らくだのコル(幕営)

5月1日(日)
6:15らくだのコル→10:45ひょうたん池→13:15信州大学ベース→14:20上高地

せん