DSCF0909

6/9 一ノ倉沢衝立岩中央稜

一ノ倉沢衝立岩中央稜へ行ってきました。

リベンジ、初見、本チャンデビューと、それぞれ何かしら思いを持ったメンバー構成です。

夜が明けぬ前にベースプラザを出発し一ノ倉沢に到着。

雪渓は安定しているよう。ノーアイゼンでテールリッジへ。

DSCF0908

取付きに到着しても空気はヒンヤリ。テールリッジを登ってきた汗もすぐに引きます。

1枚着込んで装備を整え、NABさんとFさん、シンさんとSの組合せで登攀開始!CIG_IMG010

この日は雲の多いお天気。ガスが絶え間なく湧いてきます。0005_xlarge

NABさん、Fさんチームはつるべで。シンさんリード、Sがフォローで5Pまで登る。しかし浮石多い。。

DSCF0913

核心の4Pもなんとかクリアし、その後のピッチはSもリードさせていただきました。CIG_IMG018

衝立の頭まで順調に到着しホッとするのも束の間、いよいよ真の核心?、長~い北陵を下降します。

懸垂、懸垂、また懸垂。。

CIG_IMG034

笹薮の中、懸垂支点を探すのにも苦労しました。。CIG_IMG029

北陵下降ルートのクライマックス?部分的に空中懸垂となるピッチも順調にこなして、、

0006_xlarge

懸垂下降の着地点、コップ上スラブ基部では振られないよう慎重に歩き略奪点に到着。

懸垂終わった~

CIG_IMG038

もう一つ心配していた衝立前沢への雪渓トラバースは雪の量も少なく、蹴り込めばアイゼンなしで歩けるほど。Sは念のため!ピッケル貸与&確保される(^_^;)

CIG_IMG040

この日一番悪かったのは衝立前沢。岩に苔、さらに雪解け水にぬれた草と滑る要素をほぼ満たす悪路を下っていく。

CIG_IMG041

ルート偵察に先行したシンさん。雪渓への乗り口も安定しているようです。

最後は1P懸垂下降して雪渓へ上がります。

0012_xlarge

や~っと帰ってきました(まだ明るい!)。皆さまお疲れ様でした!

そしてSの本チャンデビューをサポートしてくださりありがとうございました!!

(1年間、教育してくださったせんさん、Uさんにも感謝申し上げます)

0013_xlarge

3:30 ベースプラザ~4:30 一ノ倉沢出合~5:30 中央稜取付き~5:50 登攀開始~11:00 衝立の頭~15:10 略奪点~17:00 一ノ倉沢出合~18:30 ベースプラザ

S