DSCF1169

6/3 烏帽子沢奥壁変形チムニー

一ノ倉沢烏帽子沢奥壁変形チムニーへ行ってきました。

カメラの調子が悪かった為、写真少な目。
DSCF1160朝焼けに染まる衝立岩。

DSCF1162出合からテールリッジまではしっかりと雪渓がつながっており快適なアプローチ。

DSCF1169変形チムニー(Ⅳ,A0)上部から。左壁は案の定濡れていてヌメヌメ。最初はステミングで登り途中バックアンドフット気味に登り、チョックストーンの辺りで体の向きを変えながら登る。左壁はぬめっているし、チョックストーンのあたりで体の向きを変えたあとが少し嫌らしい。チムニーを抜けて直ぐにのところにビレイ点があり、そこでピッチをきって終了。

DSCF1171変形チムニーから10mほど登ったところでいったんピッチを切り、そこから中央カンテと合流するためのトラバース。難しくはないけれど中間支点ははハーケンが1つだけでした。

DSCF1172途中の垂壁やコーナークラックなどの写真は撮れておらず、烏帽子岩直下の最終ピッチ(Ⅲ)

DSCF1174烏帽子岩。

DSCF1175烏帽子岩の肩から懸垂35mくらい。真下は烏帽子スラブ。なかなかにスリルのある空中懸垂でした。足がついたところから少し上に登り返し、ボロボロのハーケンで作られた支点から南稜終了点に向かいもう一度懸垂。その後笹薮をトラバースし、15mほど下ったところが南稜終了点。

DSCF1176笹薮をトラバース中。
南稜終了点から6ルンゼを懸垂し、南稜テラスまで降りる。

DSCF1179テールリッジから衝立岩を振り返る。

今回は途中短くピッチを切った箇所もあり、計14ピッチ。久しぶりの長丁場でした。

6/3(日)晴れ
ベースプラザ3:30→一ノ倉沢出合4:20→テールリッジ5:00→烏帽子岩12:20→南稜テラス→15:00→一ノ倉沢出合17:30→ベースプラザ18:30

せん